〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

望む事が叶う要因 :続き

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

東京に来ています。

きのう3月31日。浅草近くの隅田川沿いでお花見をしました。

川岸では、満開の桜を見てお酒を飲み、写真など撮り、笑って楽しむ人たちがいっぱい。

隅田川には、宴会をする屋形船が沢山集結!!

74年前の3月10日、この隅田川には人々の死体があふれ、広い周囲の土地は死体の山と、がれきの焦土と化しました。

その当時の3月下旬では、東京大空襲の傷あとそのままだったと思います。

「私は背負われているのに、足の裏が熱くて熱くてねぇ。走って逃げる親はどんなにか熱かったろうと思うの。」

3歳頃、親に背負われその空襲を逃げ延びたお年寄りの話を思い出します。

それを思うと、この光景は奇跡。

なんて素晴らしい平和な日本を作ってきてくれたんだろう。

今までの日本の全てに対し、深く感じ入りました。

今の日本では、自分の好きなように意見を言い、楽しむことを優先に生きても、その行動の結果として殺害はされません。

何もない黒く焼け尽くされ平らになった東京の焦土を、ヒトはこんなに美しく再生出来る力があるのですよね。

先の戦争を生き延びてきたすごい遺伝子を持つ私たち。

「自分が望む世界」を見たければ、「それを私は見るのだ」と決めるだけで実現するのだとわかります。

自分の望む世界で1000%生きる。

死ぬまで愚痴を言いほどほどに過ごす。

どっちも、選べる時代になってます。

ホントよ。

コレホントに…信じてもらえない事も多いけど、好きなことしかしないと決めて過ごしている、私が証明できます。

その方法の第一歩は、「1ミリたりとも、我慢しない。」なその真意はながくなったので、次回。

※次回から、「望む事が叶う要因」について書いていきまーす。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2019 All Rights Reserved.