〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

ライフストーリー 32〜別れてバイク乗る。

 
  2018/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

↑↑ 今日の夕日。山に行く前に撮ってみた。

 

昨日の記事のつづき♪

 

で、好きになった人と会うようになったのだけども。

性的に触られるというのが、これがもうホントーに!考えられない。

性的接触=イヤな人がしてくること。私にとってはそうなのです。

 

で、けっきょくその人とは会わなくなったんだけど、その結果、私が思ったことは。

(これで触られなくなる〜♪)

でした。いや、とっても好きだったんですよ?

とにかく、好きということと、セクシャルなことが、完全に分断されてたんですね。

その人には、本当に感謝してる。私がステップアップする踏み台になってくれてた。

 

ただそんな私も、

(好きだったのに、こう思っちゃうのはマズいよなあー)

と、思ったのだけど、ではどうしたら変われるのか?もわからないままで。

欲していた、性や性教育に関しての学びを続けてた。

 

そして3年生になって。

その好きだった人が無類のバイク好きで、その影響もあって250CCのバイクを購入。

バイクの支払いをしたかったのと、なにより、自分が性的に見られない状態という事にとっても興味があり、

たまたま見た求人チラシに載っていた高給の芸大ヌードモデルに応募。

結果、当時の住まいから1時間半くらい離れた芸大まで、自分の大学にも行きつつ、芸大にも行くという生活が始まった。

 

次のライフストーリー 33はこちら。「天国への階段。」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.