〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

ライフストーリー 23〜バイクでケガする3回目①

 
  2018/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

 

前回のライフストーリー はこちら。「バイクでケガする2回目」

時代は中学から大学時代に飛びます。

 

大学3年だったかな。

中型バイクの免許を取り、250ccのバイクを購入しました♫

ネイキッドのHONDA JADE。

出典http://www.honda-montesa.es/iconos-Honda/index.php?num=43#inicon

JADEとは、「翡翠」ですので、ヒスイといえば緑色よねー♫ということで、この色を購入。

 

余談ですが、大好きな『BANANA FISH』(吉田秋生著)という漫画の、

主人公「アッシュ」も緑の目で、ミドルネームにJADEが入っていて、そこも勝手に好きなポイントでした。

『BANANA FISH』は、性虐待や心理描写やアメリカの時代背景などなど

素晴らしい内容で、よく読み込んでいましたっけ。

あ、これも、のちに書かざるを得ないことだー。

ちなみに「バナナフィッシュ」は2018年の今年、アニメ化されて放送中。

 

中型免許を取り、バイクを購入するにあたっても、

当時好きだった人との関係が大いにあるのだけど…

これも、ライフストーリー で、のちに書かざるを得なくなることなので順番に書こ。

 

 

JADE、ほんとに取り廻しがしやすい、全てにおいてバランスが良いバイクでした♫

暴走族の改造バイクの基本になっていたとか、聞いたことあります。

 

買ってすぐに、大家さんの保育園くらいの歳のお孫さんが

駐車場に置かれたピカピカのバイクを見て、いつの間にか大喜びでまたがっており、

「これ、スーパーバイク?スーパーバイク?」

とわたしに聞きました。

 

私は。

(コラー!!泥のついた靴で勝手に乗るんじゃないいい〜〜!)

と、心のせまーいことを思い、

「危ないから降りようね。」

と言い、降りてもらいました。

 

いやー、ムカッと来ることって、

ホントに無かったわたしですが(あら。この点も、ライフストーリー で書かざるを得ないとこだ。)

この時はイヤだったなー。保育園児に対してなのにね〜。

 

で。

当時わたしは、愛知県立芸術大学に通っていました。

あ、自分の大学は日本福祉大学というところで、県芸大には、彫刻のモデルとしてバイトをしに通っていたのです。

(これも人生の大事なポイントなので、おいおい書く。)

 

住んでいたところから県芸大のある長久手町は、たしか1時間半位は、掛かっていたような。

バイク好きな友人から、近道の農道を教えてもらい、バイクで楽しく通勤していた時のことです。

 

免許を取って1ヶ月くらいの時。教習所で教わった通りに、道路の端をブイーンと走っていました。

大きな国道を走っていた時。

前を走る乗用車がピッ。と、ウインカーを出さずに左折。

「マジ!?」

そう口から出たあと、巻き込まれて転倒しました。

運転手の人が慌てて降りて来て、すごくオロオロしています。

右足がバイクの下敷きになっていたので動けなかったので、

「バイクをどけてください…」

と言ってどかしてもらって。運転していた人が

「車に乗って!」

と言い、わたしはヘルメットをかぶったまま、車に乗ったのでした。

 

次のライフストーリー はこちら。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.