〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

ライフストーリー 22〜バイクでケガする2回目

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

師匠の現場。

練られたコンクリートが出て来るー。

師匠がすくって、どこかに入れようとしている。

 

 

コンクリを移したのは、ユンボ(2枚目の写真に写っている黄色い重機)の、すくう部分でした。

ユンボを動かし、作業をする場所のすぐ近くに置いていた!

なるほどね!!

(階段を作っておられました。)

村の人たちがすごいのは、自分で家やら倉庫やら建ててしまったり、とにかくイチから自力で作っちゃうこと。

みんな、大工さんなわけでないのですよ?

『自分でなんでもやっちゃう精神』は、高齢の女性陣もそうで、ホントにアイデアと工夫が見られます。

これもおいおい書きたいところ。

 

 

さてライフストーリー 。

昨日書いたバイクにまつわるケガの記事ですが。

年代は飛びますが、バイクにまつわるケガっていうシリーズで書いてみる。

 

ふたつ下の妹は、大病はないけど、中学に入るまでに、手を骨折したり割り箸を口に刺したり、ホースで眉を切ったり。

ちょくちょく怪我をしているのですが、私はあまり大きな怪我とか病気をしていなかったんです。

が。

考えてみると、わたしの過去の怪我は、バイクにまつわるものだわー。

と、自分がバイクに乗るようになって気づいたのでした。

 

たしか…中学校の時だったと思う。夏でした。

両親が商いをしているので住居兼店舗に住んでいました。

8時の閉店後は、店内に父のカブバイクを毎日移動して置いていたのです。

 

その店内を、妹と追いかけっこか何か?をしていました。

わたしがバイクの横を、走り過ぎようとした時。

ふくらはぎの外側を、ジュッ。と、火傷しました。

マフラーがまだ高温だったんですね。

今はカブの場合、直接触れないようにカバー的な部品がついてることが多いと思いますが。

もーホント、痛かった!!!!!!!!!

脚の外側に、まあるく、火傷。

母に言われてすぐに浴室へ行き、横になって足に水をジャージャー流し掛けました。

1時間くらいして、足も冷たくなり、浴室との段差にまたがって寝る体勢もつらいので、

母にもう止めていいか聞くと、

「しっかり冷やしておかないと、あとで痛くなるからとにかく冷やさないとダメ。」

と言われ、もう、ホントーーーに何時間????

ぜったい3時間は冷やしたね。(いや、もっとかも…。)

なぜそんなに長時間だったか覚えているかと言うと、ちょうど、いとこのお兄さんが遊びに来て、

かなり長居していたのだけど、ほとんど会わなかったから。

足が冷た過ぎで、むしろそれで辛かったけど、そのおかげで、火傷の痛みは全然なかった。

ご飯がまだだったと思うけど、浴室前で食べたのかなー。

とにかく、みんながワイワイしてるところ、わたし一人離れて足を冷やすってのが、

なんかもーイヤだった。

 

次の日に病院に行ったら、けっこう深部のやけどだったらしく、

その年の水泳は見学だったのでした。

ん?プール見学。昨日の記事とおんなじじゃん。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.