〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

「騒音」から思ったこと。

 
  2018/09/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

全ての船が、写真のように昨日のうちに陸に上げられています。

船頭多くして船山に上がる。

いつも、この光景を見るたびに思うコトバ♪ 意味は違うけど。

御蔵では台風や海の大荒れが予想される時は、こうして陸に船が上げられます。

この場所は広場で、バーベキュー場やバンガローなどがあります。

昨日はここで例大祭(村のお祭り)の打ち上げが行われました。

私は参加しませんでしたが、広場のすぐ隣に私の住む建物があるので、にぎやかな声がよく聞こえて。

 

久々に聞く、とーっても大きな歓声とみんながワイワイ楽しく話す声。

それを聞きながら気がついたことと、わかったことがありました。

それは、こういうのが、バイブスなんだな〜!!ってコト。

 

おそらくかなりの参加人数で、かなり大きな声でした。

普通なら、間違いなく騒音レベルです。

でもそれが、

私には全くイヤじゃなく「うるさい」とかいう感覚もなく。

みんなが、ホントーに楽しそうにギャーギャーワーワー騒いでいる声と音。

波というよりはvibesのほうが合ってる感じ。。

なんで騒音に感じないんだろう…??と考えてみたのです。

 

結論は、

けっきょく、

わたし自身も好きなコトしかしてないから。

コレではないか?と思うのです。

常勤を退職する時、自分の全てにおいて「これからは、好きなことだけをする。

少しでも自分が納得できないことはしない。」と決めました。

 

退職の数年前からストレスは少ない方でしたが、そう決めて実行していくと、更に更に!ストレスが無くなったのですよねー。

(その一つの目安としての話が。昨年コネクションプラクティスという講座を受けたとき、科学的にストレス度合いを見られる機械のデモンストレーションをするとして選ばれたのです。が、しかし。

私には通常のストレス反応がなく、見本の意味を成さず…。結局、ストレス測定のレベルを上げてデモをしてもらったことがありました。それくらい、ストレスが少ないってコトだそうです。)

 

好きなことをしていくと、

ホントウ大事なこと以外は関心がなくなるというか、気にならなくなる。

そして必要なことは引っかかって、ヒントをくれる。。今回みたいに。

 

あとここで、もうひとつ大事なことは、打ち上げ自体も、

「義理」だとか「した方がよい・すべき」とかでなく、参加者自身が、望んで楽しんでいる。

だから、そのバイブスは、

ぼよーん

軽くて楽しくて、なんつーか、

気持ちのよいバイブスだったからではないかな

と思います。

科学的にも、人の持つ想いは周りの人に影響を及ぼすとわかって来ています。

それが大人数で軽く楽しいエネルギーであればあるほど、周囲に波及しやすいのかなーと思いました。

それにある意味反応した自分は、やっぱり楽しく過ごしているから、騒音レベルの音が苦にならなかったのでは?と思うのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.