〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

望むことが、叶う要因〜その③

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

↑きょうの夕日。

 

ずいぶん前に書いて、なかなか続きを掛けていないシリーズ。今回はわかりにくいその伏線を。

 

先月だったかなー、ごく基本的なことを思ったのです。

ヒトの行動の根本にはすべて、

「自分にはムリ。」

この精神が、ものすごく、根深くあるんだなあって。

 

自分のホンネは言わないでおく。→言うと周りからわがままだとか、勝手だと言われるから出来ない。

補助金をもらうことをまずは第一に考える。→自分や自分たちで事業を始めて、お金を生み出すことはとても難しい。

ほんとはこっちの旬の苺パフェ(2,000円)を食べたいけど、高いからチョコパフェ(800円)にする。→そんなに高いものは、私の給料では食べられない。

会社を辞めたいけど、通院や生活費が必要だから我慢して勤める。→仕事をしないと生きていくことは出来ない。

毎日仕事をきちんとするべき。→毎日勤勉に働かない奴は変だし、おかしいから、そうしないと社会で信用を得ることは難しい。

本心では次に会いたいと思えない人にも「またお会いしましょう」と言う。楽しくないのに笑う。嬉しくないけど「ありがとう」と言って喜ぶ。→社交辞令は言った方が人間関係が円滑にいく。社会的常識を守らない人と思われると、人間関係が難しくなる。

人からお金を盗む・サラ金で借金地獄になる→お金は盗む・借りる。なぜなら、自分には大金なんて稼ぐことは出来ないから。

 

ん〜お金の例えが多くなったけど。日常生活の中でも自分の好きなようにしない出来ない理由は、すべてコレのような気がしてる。

‥ああ、もっと身近に感じられる例があるはずなんだけど、いまは思いつかないー。今後、逐次追加していこう♫

 

ともかくこの、「無理」この思いが、

自覚の有る無しにカンケーなく、すべての出来事を曇らせる要因だと思えている今日この頃。

 

では、「無理」がないとどうなるのか…。

 

つづく。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.