〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

わたしを創っている、世界観。 

 
  2018/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

実は昨日は、心の底から悔しくて、涙が出た日だった。

発端は昨日たまたま見た、ネットのニュースだかに、仁藤夢乃さんの記事が載っていたことだった。

そして今日また、仁藤さんの文を読み、さらに悔しくて泣けてくる。

日本では、性暴力にとても寛容だ。それを許しているのは、自分かもしれないのだと思って、読んでいる。

ここのところ福祉について、ホントーに社会の理解は進んでいないんだなあ…ということを痛感していたのだけど、性暴力についてもそうだなと感じる。

わたしは大学で性虐待を研究した。でも卒業してから20年くらい、性暴力防止についての行動や文献を見ないようにしてきた。時を経て、仁藤さんの文章を読み、残念ながらわたしが学生の頃より、後退しているのかも?と感じた。

やっぱり、性暴力に対抗することが必要と感じた人間が、動き続けないといけなかったのだ。

以下のリンクをぜひ、読んでほしい。

出来たら、仁藤さんのフェイスブックページで、小学生の子を痴漢から守った記事を読んでほしい。

仁藤夢乃さんのフェイスブック記事   ←なぜか取り消し線みたくなってますが、リンクへ飛べます。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.