〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

私の世界観 ライフストーリー いつもの生活編

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

今日は久しぶりに畑へ。

まずは師匠にいただいたトマト苗を支える竹を切りに行ったあと、これまた師匠にいただいたじゃが芋を掘りに行きました。お世話をしていなかったので、今年生き残った苗はなんと15本のうち2本だけ。大量のバッタ襲来のせいもある…と思うんですよ?と言い訳。

掘れたのはひと口サイズのものなのだけど、予想外に?!土の中から出てくると、「おおー!頑張ってくれてたあ!」と、びっくりして植物の力強さにありがたくなりました。

師匠たちにこれを報告したら、「はれ!なんだこりゃ!芋じゃねえ!」とあきれられそうなので…面白いから見せようか、と思ったりしてます。

あれ?写真だと大きく見える?最大で直径4センチ、最小で直径2センチでした♫

 

そうそう、畑に入ると漂う、大変によい香り。

最初は、ん???肥料のにおいでこんなに良い匂いがある??と思っていたら、なんだそうだ〜〜!

サクユリですよ!

畑の周り中、カサブランカを作るときの原種になったと言われる、サクユリがたくさん咲いているのでした。

スマホだと分かりにくいかな。白い部分がサクユリの花。たくさん咲いているのです。

草刈りをざっとして、草を抜き、今度のトマトは生き残れるようにしよう。と思いながら土に触っていました。

 

きょうは道端のサクユリでお別れ。

世界はやっぱり、自分が覚悟して決めたようになっておる。と思った1日。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.