〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

望むことが、叶う要因〜その②

 
  2018/04/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

なんつーカッコ良さ…。

これぞ、求めたコトを実現したお手本。

HONDジェット機、本当に素晴らしい。

HONDAがジェット機を完成、販売スタートしたのが数年前。

たしか、従来の航空業界では出せないアイデアから、様々な工夫が凝らされていて、これから世界を目指そうとしていたと思います。

それが今や、CMをやるくらいに売れている?!と思って調べたらなんと、

「2017年上半期、小型ジェット機市場で世界一のシェア」だそうです!

飛行機作りは、本田宗一郎の夢。長年の成果がとうとう現れた!!

しかしシビれるなあ。(バイクはHONDA派で、機械が好きなのです。)

と、あまり語らないうちに前回のつづき。

 

「私の望んだこと」分野に分けて見ると…。

・心から安心して安全な美しい処に住んでいます

・眺望が良い、安全で明るい家に住んでいる

・海でたゆたいたい

・古民家に住む

・水と森と土があるところに住む

これらは御蔵に来てから、気づいたら叶ってたことでした。

例えば、安全と安心というのは、もう本当に心の底から望んでいたことで。

私としては女性であることで安心できる一人暮らしというのは、都内でも地方でも、経験がなかったのです。

その点、村に来てからは、あらま〜安心。

なぜって、ほとんどみんな知ってる顔なんです。

そして、私は「人間セコム」と表現していますが、プライバシーがほぼない、というくらい(あくまで私の感覚です)

人が他人のことをホントによく見ているんですねー。

 

これらの点、私にはかなりプラスに働いていまして。

一人暮らしで寝込んで具合が悪ければ、だいたい早めに気づいてもらえる。外に出る動きがなければ、後からでも

「どうしてたんだー?村に居たのか?」

とか聞かれるんですね。

 

これって、都内で高齢者福祉の介護職と相談員をして居た頃から、それはもう!!喉から手が出るほど欲しかったこと。

ご近所付き合いが薄れて久しい都内では、一人暮らしの高齢者は、人との接点がない方が多くいらっしゃいました。

お金を払ってヘルパーに来てもらうとか、デイサービスへ通うとか。

けっして、それを否定しているのではありません。

ただ。

も〜う少し、年寄りは、家族と福祉関係者とだけ接するのでなく、もっと多種多様な他人と接する方が、生きがいと刺激が生まれて、元気になるよな〜?

別に、お金を介さず出来ることが、いっぱいあるよなあ〜?

と思うのです。

 

はなし逸れましたが。

個人的に求めていた「安心」と、仕事として求めて居た「人ととのつながり」がつながっていたことに、今更ながら気づきました。

そっか。

そこが自分の安心にもつながるとは、思ってもいなかったな…。

つづきます。

 

 

望んだ、「眺望が良い、安全で明るい家」のベランダから。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2018 All Rights Reserved.