〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

春の味〜

 
  2018/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

昨日は朝から師匠と山の畑へ、

ヨモギ採り。

ヨモギを甘い衣で揚げた『ハヤキ』

を作るためです。

畑へ行ってみると、

ヨモギだけに留まらず、

山の恵みの数々を収穫するよう、

師匠から指導を受ける。

『ハヤキ』作り。
白玉粉を溶く。

天ぷら粉を混ぜる。

適宜、衣を落としてから、
再度衣を付ける。

揚げる。

こちらは、

師匠とわーわー話しながら

皮剥きをした、ふき。

御蔵では、石蕗を食べます。

東京で売っている太いフキとは

違うようです。

爽やかな薫りでした。

世界はやっぱり、

たいへんに美味しいのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2017 All Rights Reserved.