〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

上がらなかった腕、元に戻る。

 
  2018/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

去年の11月から、ほぼ毎日押しかけ、

リンパケアその他を勝手に

施術してる師匠のはなし。

 

今日行ったら、

「…あんたに話すことがある。」

めずらしく、しんみょうに話しはじめる師匠。

なにごとか?と思って、正座して聞く。

 

すると師匠、

「何年も上がらなかった右腕が上がって、

顔が洗えるようになったんだよおー!

もう嬉しくて嬉しくて!

なんども顔に手を当てて見てるんだ。」

と、やってみせる。

「何年も左手だけで顔洗ってたのに、

今日はま〜あ!

両手でブルブル顔が洗えるんだよ!」

 

「わたしのやってることが良かったのか、

あんたのしてくれることが良かったのか、

正直それは判らない。

この腕はどうしようもないと思ってたの。

でも昨日から、

(あれ?そんなハズないな。)

と思ったけど、

やっぱり上がるんだよっ!!

という、師匠の喜び劇場を見せてもらった。

は〜年寄りのはなしって、感情ゆたかで本当に楽しすぎる。

しかも、

「あんたがしてくれたことが

良かったのかわからない」

って、正直なところも好き。

 

え?というか、わたし、

「顔が洗えないくらい右腕が上がらなかったなんて、

知らなかったんですけど!!」

って言ったら、

「別に痛いわけじゃなし。

こういうもんかと思って、だーれにも言ってなかったの。」

だって。

…まあ、ひとって、そういうもんですね。たしかに。

体操や日常生活を観察している分には、

ホントーに判らなかったなあ。

けど、顔を洗うまでにも、支障があったとは。。。。

 

 

で、今回、話を聞いていてわかったのですが。

腕が上がるようになった理由はどこに

だれにあっても、どうでもいい。

私は

人の役に立ちたいっていう感覚がなくて

ひとが変化するところが、見たいだけ

 

で。

あと、わかったこと。

☆世間の常識は

『それ、ホントなの?』

って疑っていい( ◠‿◠ )

→年だから悪くなるのは仕方ない

→年だから痛くなるのは仕方ない

→〇〇だから、

→△△だから、

ただ、それ以外の例を知らないだけ

研究不足なだけ、かも〜。

あと、

☆確信したことはやって良し。

確信に、根拠=エビデンスは不要。

継続してやってから検証する。ってのでOK。

ということがわかった。

 

 

まあ、施術する時は、

さとう式は圧をかけないし、

腕を回す時も、いーっさい!力を入れないように、

「ダラダラして〜っ」

って言うくらいなんです。

師匠にとっては、「ガンバることが大事」だし、がんばることが効くんだと思っているから、

「こんなんじゃ、効くわけねえっ!!」

ってさんっざん言われるのだけど、

「だらだらして〜」と伝えるわたしに、お付き合いいただいている。

 

で、そうこうしていた4ヶ月後。

わたしも知らなかった

長年の腕の不具合が

なんか知らんけど元に戻った。

 

この、なんか知らんけど、

ってのも大事なんじゃないかと感じた。

 

人って、意図して望みを獲得することも可能だけど、

意図しないところで、

意図以上のものが受け取れることがけっこうある。

それが、今回の件かなあと感じる。

あと、施術する側が、問題に思わない、とかね。

 

ほんとうに、人間って面白い。

 

喜び師匠。↓

DSC_0699

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2017 All Rights Reserved.