〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

荒波から船長さん

 
  2018/09/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

きのうは橘丸が上下便とも欠航なので、
短期でお手伝いさせて頂いてる宿へお客さまが

三宅島から漁船で!来島です。

私はお迎えに行く必要なかったのですが、

荒海の中、船を走らせてくる漁船の船長さんは、

御歳90近い船長さん!

これはもう、お姿を拝見しない理由がナイっ!

急いで浜へ降りました。

わー!もう船がやって来ます!

来ました~!

このあと、、、拝顔しようとして……
うねりの中にうかぶ船を見るだけで…

酔いました。

さよーならー!

去っていく漁船。

船は、ぼんっぼんっ上下して去って行く。
スゴイわ…。

 

そして、今日の夕方。

世界はやっぱり

どうしたって美しいのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.