〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

年寄りのことば

 
  2018/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

 

出島する時は。
べつに求められてはおりませんが、
ねえさん師匠たちに毎回、
出島してきまーす。
または、
今東京に着いた。
とか、
伝えて東京へ行きます。
先日出島した時、
ある師匠に電話で問い合わせをしたとき。
わやわや話していると、
師匠
橋の向こうで話してても
わかんね〜よっ!」
わたし
「そうだね!うまいこと言うなあ〜!」
“  橋の向こうで  ”って表現。
なーるほどなあ〜!!!
と思いました。
年寄りと話してて面白いのは、
日本語の表現がたいへん生き生きしていること。
これも魅力のひとつ。

{E21A77A4-245D-4B17-99A7-0E60960B3E9E}

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.