〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

かぼちゃ採る。

 
  2018/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。
昨日の夕方、畑へ行くと。
里芋の大きな葉っぱの畑の中から、
師匠が登場。
「南瓜が出来てるから、
採った方が良いよって
電話しようかと思ったところ。」
とのこと。
ええー!!
気がつかなかった。
私が受粉した南瓜は腐ってしまいましたが、
コレは、
師匠が受粉しておいてくれたものですね。
なぜ違いがわかるのか?というと、
咲いている花のうちで雌花は、
雄花の数の十分の1位と数がとっても少ない。
なので、
受粉した雌花の位置が自分でも大体わかるから。
「俺が採ってもいいんだけど、
作ってる人は、採るのが楽しみだからね。」
うおお〜!!(涙)
師匠〜〜!!
ありがとうございます〜〜!
苗を植え。
肥料をやるタイミングを教え。
ツルの方向をアドバイスし。
上記全て!師匠がやってくれており、
私はただ、畑に行ってるだけ!ですのに。
ありがたく、いただきました。
持ってけ。と言われたものは、
「遠慮なく喜んで頂く。」
↑これ、
小さいころから遠慮が基本の私には、
村での、この感じは衝撃でした。
最初は、
ホントに遠慮をしていたら、
年寄りには、
悲しい顔して泣かれそうになるし、
ねえさんやおじさんには
「いーから持ってけっ!!!」
と言われます。
そこには、本音があるだけ。
なんですよね。
たくさんの気遣いと共に。
村に来て、
喜んで頂く。
ことで、
お互いにありがたく嬉しい。
を、たくさん体感させてもらっています。
あと、他には、
欲しいことをハッキリ言う。
これも、村で体感して、学んだこと。
アメリカで過ごす時と似てますが、
(あ、御蔵島も言わば “海外” だから⁈)
自分が欲しいことを
ハッキリ言ってもいいんだなあ。
と、繰り返し繰り返し、
これでもか。
と、体感しています。
スピリチュアルではよく、
宇宙にオーダーする
とか言いますけど。
正に、
求めよ。
さらば与えられん。
です。
 ホントに。
 てな訳で、師匠かぼ。
わーい♪
採って1週間から10日位
置いてから食べるといいそうです。
{9F1D1E94-7DDC-42BE-A6DF-91C7F3301785}
何にして
しんぜよう?
 そして昨日の夕日。
{A7F0BD21-A853-4FA5-A1A4-C1EDEB3FE791}
そして今日。
夕方、山へ散歩。
{D74B5F64-5D92-49E5-8CD5-41519A1A605F}
今日は夕日でなく、夕日が照らす側を。
{B0E5E751-687D-4D48-91E1-05A9507EFA17}
苔じゅうたん。
たっぷり水を含む。
裸足で歩くと、
自分の身体だけでなく
周囲の感覚もわかりやすい。
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.