〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

御蔵島の山畑

 
  2018/04/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。
畑のキャベツ。
一昨年、初めて植えたのですが、キャベツって、キャベツの球体のまわりに生える葉っぱが、すーーーごく大きくて!!かなり広い面積を占めるんですね。
びっくりしました。
ブロッコリー、ですよ。

 

ちょうど会った師匠から、
「御蔵に居たの!!居ないのかと思った。」
先週は体調からひたすら寝ていた、と言うと話の流れで、山のドクダミを刈って良い。ということに♪
どくだみ茶用のどくだみを刈りに、山に入らせて頂く。
桑の実。
お昼を食べずに、わーい♪とやって来たため、お腹がすいてしまい、頂く。
桑の種類のためか、あまり濃い紫色に舌が染まりません。
内地の桑は濃く染まって、落ちにくかった記憶があるのですが。師匠の言う、白い桑の系統なのか。
ん!?
段々コになって、まるで折り紙みたいな葉っぱ!
ちょうど通りかかった師匠に聞いてみる。
「は~れ、知らねえのか、ハンノキだよー。」
「え?学校で卒業式に『ハンノキの芽も出そろった』って台詞を言う、あのハンノキ?」
いつも、山で遠目に見ているので、知りませんでした。春は、山がハンノキの新芽の色でたいへん美しくなります。
昔はたいへん重宝した木で、畑には必ず植えてあったそう。なので、今もハンノキが山に見えるところは、畑だった場所だと判るとのこと。
昔は、もっともっと、畑の面積が多かったんだものね。船が就くことは難しかったし、回数も少なかったから、食べモノは、自分たちで作って保存しなければならなかった村の暮らし。
「今は天国だよ」
と、村の年寄りが言うのはほんとうに、そうなんだろうなあ・・と感じます。
山道に、鳥の巣が落ちてました。
いったい、誰の巣でしょう。あんまり、繊細な造りではないみたい。
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.