〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

恵みの海の中にいます

 
  2018/04/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。
今日いちにちは、草刈りから。
鎌で刈ろっ~♪ と畑へ行ってみたら。
あら? 師匠が居る。
すでに畑では、ブウーン♪♪ ブウーン!!若師匠と二人、草刈り機のイイ音。
一人でひっそりやってやろ~♪と思って行ったけど(草刈りが好きなの!)
師匠たちと一緒のおかげでその結果、竹も切らせてもらったりと、なんやかや楽しかったです。
竹の子が成長したての竹を切るあの感触ったら!!びっくりでした。
やはり身体を使うこと、草刈りはオモシロイ。
下の写真は、草刈り後に出てきたクモ。
色だけでなく質感まで、きな粉をまぶしたよう・・・
さて、午後4時半。
私にしては、非常~に早い夕食の支度をしていると、これまた別の師匠から電話を頂き、海の幸を頂けることとなりました。
ありがたく伺うと、待ち合わせの場所に師匠が。
声を掛け手を振ると、わらって、手に袋を提げて駆け寄って来られる。
もう、その姿を見て、涙が出そうでした。
ああ、わたし、ホントに食べることが出来てるのか心配かけてるんだなあー。と思って。って、書いてる今も泣けてしまう。
80過ぎたひとが、走り寄って来てくれる、あの姿。いつまでも心配を掛けていないで、やっぱり『自分のシゴト』をして、生きていこう。と思いました。
師匠たちが生きてる内に。
 昨年に退職して以来、ありがたいことに各種バイトのお声掛けを頂き、経済的にはギリギリやっていけています。
もちろん!?貯金は、切り崩しのマイナス。
(ん?それって、やっていけてない、ってこと?)ま、それでもなぜだか不安はどーしても無いのです。
「ご飯を食べる」という言葉通りの意味ですと、上に書いた件もそうですが、村のみなさんや多くの人から、思いがけず!あらゆる形!でまさに 「実質、食べさせて頂いて」 います。
ほんとに、ひとの恵みの中で生きている。
ということで、やってみよ~っと思っていたのに やっていなかったヒーリング。やろかと思います。

 

 

海の幸、その名も「亀の手」。

 

 

美味しくいただきました。

 

こちらは土の恵み。
レタスとブロッコリー、ルッコラは畑で採れたもの。
ルッコラは、師匠に苗を頂いて植えた。苦くておいしい。
6時には夕飯を終え、山へ。

 

満月でした。
やっぱり、どうしたって、世界は美しい。
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.