〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

実は、手放したくない苦しみ。も、ある。

 
  2018/04/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

{04C486FB-01CD-4857-9A33-EC2B63D6434C}

ひとって…

痛みや病気、悩みを持って苦しんでいても。

実は。

その痛みや病気や悩みがあるからこそ、影で一方で、得ている「利益」がある。というケースがあります。

 

それは、IH (インテグレイテッド ヒーリング)でも、セカンダリー・ゲイン「二次的利益(Secondary Gain )」と言われています。

その問題があることで、実は利益を得ている。それが良い悪い、ではないですよ。

 

例えば、ひと昔前?の例では、年寄りがちょっとのことで病院を受診して、病院内で他の人と交流が出来るとかいうのが典型でしょうか。

まあ、この例で言えば、地域のコミュニティが昔のように残っていたら、もう少しカバー出来たのではないかなあ?と思います。「前向き」なカバーがね。

 

「私はここが悪くてね〜」

「俺もここが痛くてよー」

「先生どうにかしてくれ。」

ではなくて、日常的にヒトと接する機会がたくさんあれば、年寄りはフツーに元気になっちゃうこと、多し。

 

しつこいんだけど、歳を取った時に必要なのは、ヒトとの繋がりってコト。

最後に残るのは、人。

あ、二次的利益から、話が逸れちゃった。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.