〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

近況

 
  2018/04/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。
今朝のあさひ。弱い雨降りで大変あたたかい。

春の空気で、すっかりバイクの季節になっています。

御蔵の冬は風が強くて寒いといわれますが、東京に比べればあたたかいです。

 

山には霧。ウグイスが沢山鳴いていました。

 

 

実際の色はもっと美しいのです。

毎回、写真に関しては、人間の目の完成された機能を感じる。

だてに人類、生き残っていませんね。

 

左端に三宅島がうっすらと見えます。

 

 

 

日の出ポイントからの帰り道の途中。

さきほどは見えなかった日の光が射してきた。

日の出ポイントでも見えるのかな?(雲の位置と角度や高度がちがってくるよね)
そう思って、来た道を戻る。やっぱり見えなかった。

ご無沙汰しています。

2月末に村の人たちと、観光協会主催の観光先進地視察のため愛知県へ行って参りました。

道中、うならされたことはたくさんあり、行って良かった。

そして帰島して一週間。

まいにち、様々に感じることがあり、嬉しいことであります。

さて本日、ブログのタイトルを変更しました。

変更した理由は、

昨年退職して以降、ブログで書くことは、

「御蔵島村での暮らし」と、

今後やっていこうと思っている、

「心身に変化をもたらすこと」

ま、主には、

「心と身体の謎を追求しているコト」 を主に書いていこう

とわくを設定していたのです。

んが。

やっぱりどーうしたって、楽しくて書きたいコトは、

たくさんの感じた謎を追究すること

年寄りや村の人に押しかけて会い話し感じて。色々と得ること。

これらなわけでして。

なんか、タイトルに片手落ち感がありました。

久しぶりに愛知へも行くことができ、いろいろと感じ、私自身が好きな事に立ち戻ってみると、

やっぱり「年寄り」が外せない。なので、昔に書いていたBlogのタイトルを。

「年寄りを遺す」って、文法的におかしいのですが、どうしても自分の中ではこうなっちゃう。

以上、近況と報告でした。

※差別用語ではという向きもあるようですが、使用します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.