〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

買い物で体感。

 
  2018/04/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

御蔵の冬は、強風吹きすさぶ 厳しい季節です。

船は欠航が続きます。

歩いていると時折、あまりの強風で前へ進めなくなる位。

浜へ続く坂道を歩く時などは、目が開けていられません。

(というか、歩く人は私くらいかも。)

 

桟橋が見える私の部屋のベランダは、雨も降っていないのに、

ジャッ!

と、ガラス窓に海から潮が吹き上げ、打ちつけられて真っ白。

冬はいろいろな事が、究極に体感出来て、わたしは大好きな季節であります。

ということで、映像を撮ってみました。

・・・・・・・・・  ・・・

いや~ビックリするくらい、何も伝わらないことに、またびっくりしました!

身体が吹き飛ばされそうな中、iphoneで撮ったのですが、

それも保持しているのがやっとだったのに。

あの体感はいずこへ?

テレビ、が演出や強調を必要なのが、改めてよく判りました。

 

そういえば昨年。

東京に帰った際、買い物をして心底思ったことが有りました。

久しぶりに店舗を見て歩き、実際に品物を手に取り、

買い物をした時のことです。

やっぱり、実際に来ると違うんだなあ~、と痛感しました。

何が?と申しますと、

店員さんが働いている「気」とか、

品物自体の気とか、店舗空間の気が感じられたことです。

今までは全く意識していませんでしたが実際に行ってみると、

それが自分にとって合っているか否か?等が、

たいそう単純で、判りやすかったのに驚きました。

そうやって色々感じながら歩いていると、

やっぱり、お互いに知らないうちに「交流」しているんだなあと思いました。

なので、自分が好きな場所や、前向きになれる人、

好きなモノと一緒に過ごすことは、

人間にとって大事なんだろうな、と「フ」に落ちました。

 

意識せずとも、お互いが影響し合っている。

なぜ単なるお買い物で、そう痛感したかというと、

島にいると食品以外はネットで買い物をすることも多いため。

ネット上では、が~ん!届いてみたらこんなのだった。

ということがないよう、

購入するときには五感以上に感覚を研ぎ澄ませて選んでいますが、

何というか、ネットのお買いものは、

「一方通行」いわば、片思いだったことに、今回の件で気がつきました。

購入した側の思い入れが違うと申しましょうか。

それは、単に、

ネットで足も運ばずに簡単に手に入ったから思い入れが薄い。

というものでなくて。

 

実際に品物と出会う買い物と、ネット購入の違いは、

品物をとりまく周囲や作られた経歴も含んで感じられるから。

と言ったら言い過ぎかな。

物を買う行為というのは、

実際に出会って買うほうが、更に喜びと満足が増し、

違うんだなーとわかりました。

それが、ネットと現実に体感することとの差、なのでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.