〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

17日から22日の御蔵島村。

 
  2018/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

 

 

17日日曜日の朝。

早い時間から朝日を見に行こうと思っていたのに、ねぼう。
橘丸の汽笛のおかげで飛び起きて出発しました。

 

 

雲が多かったのですが、世界はやっぱり美しい。
雨が降りそうな日も、空や海は日の出の前からきれいです。

そして、そのあとは乙女峠へ。
乙女峠は眺望も良く、片道30分もあれば着けるコース。久しぶりでした。

20日水曜日の昼。

海は荒れ、船は全便欠航です。

17日日曜日から22日金曜日の朝まで、欠航は続きました。

20日水曜日の夕方。

 

21日木曜日の午後。

強風の中、完全装備をして散歩に。

もう、梅のつぼみがふくらみ、ぽつぽつ咲き始めていました。

お師匠の土地の、紫式部。

 

21日木曜日の夕方。まだ荒れています。

 

そして本日22日金曜日のお昼。

橘くんがやってきました!無事に着岸。

御蔵には、物はありませんが、なにかのコピーではないですけれど、「無いことが有る」のです。

無いほうが、人間は工夫して暮らせて、多少の不足があった方が、人と人がコミュニケーションを取らざるを得なくなるので、物が沢山あるより幸せかも。と思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2016 All Rights Reserved.