〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

8月9日長崎原爆の日

 
  2018/04/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

今日は長崎に原爆が落とされた日。

長崎出身の方が、言っていました。

「ほんとに、むごかことよ。」

女学生だったその方は、爆心地からは離れていたところに居ましたが、看護のために爆心地へかりだされ、看護のお手伝いをされたそう。

「皆、みずー水ー、言いよってね。でも『水を飲ませると死ぬ』言われて、飲ませられんかった。」

 

長崎の田上市長は、平和祈念式典で安全保障関連法案についても言及したそうですね。

広島の市長は言及していないそうです。

こうした点ひとつとっても、選挙で人を選ぶ側は、しっかり見極めねばいけない。

投票行動が、まわりまわって「自分たちの首」を絞める。ならまだいいですが(良くないけどさ)、半端な投票行動が自分たちの「孫子の首」を絞めることになりかねません。

子どもを持つ方たちは特に、子どもたちが戦争に巻き込まれないことを念頭に投票行動をしてもらいたいなあと願います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2015 All Rights Reserved.