〜本来の自分に戻るヒントを御蔵島から〜

カツオ釣り

 
  2018/04/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

今朝は4時半から、詩人の師匠の船に乗せていただきました。
タカベ網を上げた後、そのままカツオ釣りへ。

 

 

 

 

 

 

カツドリの群れを見て、下に居るカツオを狙う。

 

 

師匠は、視野がとても広い。

三本の竿や木製の浮きの動きやら、すべてお見通し。

私はと言うと、外海とカツドリの飛ぶ美しい動き、離れて見る御蔵島の美しさに見とれていました。

 

精神性の世界では、過去や未来のことを思わずに、「ただ、『今』を生きる」ということの重要性が言われますが。

自然の中に居て、師匠たちの言動を見ていると、まさにそれが、ごくふつーに出来ています。

 

もっと歳の大きい師匠たちの話を聞くと、「一日一日を生きることで精いっぱいだったから、不安や心配をする暇もなかった。」という方が多いです。

んな心配する暇があるなら、やることやれっ!

って、とこでしょうか。

 

今、生きている一瞬一瞬が大切で、今、出会えている人と会えていることが奇跡だなあと感じます。

判ってはいたけれど、実感を伴ってそれをハラに落してくれた、師匠の命日がもうすぐ来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
年寄りと会う、草刈りする、文章書くetc…好きなことだけする生活を実験中。 村のおもしろい師匠たちや厳しい自然から楽しく修行もしています。 積み重ねてきた、『大好きなアタマで考える理屈』はちょっとヨコに置いて。 人間の『感覚、感性、勘!』を一番大事にする、それを体感する為に村に来たんだな〜と感じる日々を過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 魂がふるえる遊びをしよう , 2015 All Rights Reserved.